風俗嬢が喜ぶ予約時間の取り方とは?/手コキ風俗システムGuide

事前に手コキ風俗のシステムや遊び方を知っておけば安心!ここでは「風俗嬢が喜ぶ予約時間の取り方とは?」をご紹介。

手コキ風俗・エステの料金システムGuide サイトマップ

手コキ風俗の女の子ってどんな娘?

手コキ風俗は、数ある風俗の中でも一二を争うルックスの女の子がたくさん!タイプの子にオナニーを見せたり、なんとアソコを握ってもらったり、最後には射精まで導いてもらえる・・・。

早速、手コキ風俗にどんな女の子がいるのか見に行って見ましょう♪

スタートとラスト、風俗嬢はどちらが嬉しい?

風俗は自分が遊びたいとき、時間に余裕ができたときに足を運んだり呼んだりするものです。でも風俗に慣れている男性や応援しているオキニ嬢がいる男性の中には、風俗嬢がいつどのように仕事が入ると喜ぶか、迷惑じゃないか・・・などを考えて予約している人もたくさんいるようです。

もちろんこちらは客ですから、自分の都合で予約を入れることは何も悪くありません。ただ同じように遊んでいるだけで風俗嬢に好印象を与えることができるなら、少し相手の都合を考えてみても良さそうです。

風俗ではその日の初めての仕事を「口開け」と呼ますが、口開けにお客さんの予約が入っていると風俗嬢は1日中仕事がない暇な状態は避けられるので、一安心するそうです。反対に出勤最後の時間帯は「ラス枠」と呼ばれ、ここに仲が良い常連や優しい良客が入ってくれると、終わりよければ全て良し!でいい気分で仕事を終えられるそうです。

風俗嬢によって口開けのほうがいい、ラス枠のほうがいいという好みは違います。これはあなたが風俗嬢にどう思われたいか、によって使い分けると良いでしょう。

口開けの予約はどう思われる?

何時間勤務をするかにもよりますが、2時間などよほど短い時間でない限り、風俗嬢は1日2人以上は接客します。オキニ嬢だし、他の客の後は何となく嫌だなぁ・・・なんて思うときは、そのオキニ嬢の出勤時間に合わせて予約を取ると、口開けを狙うことができます。

客から見た口開けのメリットは、綺麗な風俗嬢とプレイができること。体力も満タンで、元気な風俗嬢に出会うことができます。

ただ、風俗嬢の本音でいうと、口開けから仕事が入っていると準備がバタつき少し困るのだとか。綺麗さと体力、そして風俗嬢のエンジンも掛かってくる二番手あたりの予約がちょうどいいのではないかと思います。

風俗嬢の中には、口開けに良客がいると幸先のいいスタートが切れる、という子もいれば、逆に最初に良客に当たってしまうとそれ以降の仕事がキツく感じてしまう、という子も。正直そこまでは考えなくていいと思いますが、まだそこまで親密度が上がっていない風俗嬢相手の場合は、まだエンジンが温まっていない口開けの予約は避けておいた方がいいかもしれません。

ラス枠の予約はどう思われる?

多くの風俗嬢は、最後に癒しタイムが来ると嬉しいことから、常連さんや良客にはラス枠に予約してほしいと思っています。しかし常連でもなければ自分が良客かどうか分からない・・・そんな人でも、ラス枠に予約しても大丈夫です。

ラス枠は風俗嬢によって、最後にイイお客さんに当たりたい〜という子と、最後だからどんな客でも頑張れる、という子の両方がいます。しかしもし自分が風俗嬢にとって良客ならどちらのタイプからも喜ばれますし、仮に風俗嬢にとってイマイチな客でも極端な地雷客(本番強要や店外デート要求、プレイや扱いが酷い客)でない限り、ラス枠で嫌な顔をされることはまずありません

その他にも最後のため記憶に残りやすいなどメリットも多いラス枠ですが、当然デメリットもあります。風俗嬢が最も疲れている時間帯なので、あまりに要求が多すぎると、例えそれがきちんと料金を支払ったオプションプレイであっても100%とはいかない場合があります。プレイの精度を重視するなら、口開けと同様ラス枠の予約も避けておいた方がいいかと思います。

反対にプレイは基本のみで、お喋りや添い寝などの癒しを重視したい・・・という場合ならラス枠が一番向いているでしょう。

風俗エステサイト決定版!エステドゥロア