手コキ風俗・エステ予約から対面まで/手コキ風俗システムGuide

事前に手コキ風俗のシステムや遊び方を知っておけば安心!ここでは「手コキ風俗・エステ予約から対面まで」をご紹介。

手コキ風俗・エステの料金システムGuide サイトマップ

手コキ風俗の女の子ってどんな娘?

手コキ風俗は、数ある風俗の中でも一二を争うルックスの女の子がたくさん!タイプの子にオナニーを見せたり、なんとアソコを握ってもらったり、最後には射精まで導いてもらえる・・・。

早速、手コキ風俗にどんな女の子がいるのか見に行って見ましょう♪

手コキ風俗・エステって予約したほうがいい?

手コキ風俗を大きく2つに分けると、エステ系かオナクラかどちらかになります。
エステ系は客の自宅やラブホテルまで来てくれるタイプなので、呼んで遊ぶには必ず予約する必要があります

一方でオナクラはお店に足を運んで遊ぶ風俗。
ふらりと立ち寄る、なんてこともできますが、待ちたくない人やオキニ嬢がいて絶対その子を指名したい!という人は予約しておいたほうが確実です。

手コキ風俗・エステ予約の仕方

手コキ風俗・エステの予約方法は、電話予約WEB予約の2パターンがあります。それぞれメリットとデメリットがあるので、状況に合わせて使い分けるのも手です。

まず電話予約は今から遊びたい、今日遊びたいという人にピッタリです。というか当日だとWEB予約ができない風俗店が多いです。今の女の子の状況がリアルタイムで聞けるので、もし指名しようと思った子がいなければ相談しながら呼ぶ女の子を決めることができます。分からないことがあればスタッフさんに色々と質問できるので、十分納得して呼べるというメリットがありますね。

一方でWEB予約は、数日後に遊びたい人に向いています。HPに女の子の出勤情報が載っていますから、遊びたい日に出勤している子を選び到着時間、コース、オプションなどをフォームに入力していくだけ。入力の手間が面倒ですが、電話が苦手でテンパってしまう人は誰とも喋らなくていいので楽チンです。

予約した当日・時間までの動き方

予約が終わったら、後はエステなら女の子が来るのを待つだけ、オナクラならその時間にお店へ足を運ぶだけです。

エステなら自宅、ホテルどちらに呼ぶ場合でも、10〜20分前のなるべく早い段階で待機しておきましょう。派遣型風俗は、交通状況で到着が前後することがあります。女の子が早く着く場合があるので、余裕を持って待っていてあげてくださいね。

風俗エステをラブホに呼ぶときの注意点

ここで注意してほしいのが、ラブホテルに呼ぶとき。エステ嬢が到着したのにまだホテルの部屋に入っていなかった、となると迷惑をかけてしまいます。ホテルの場合、予約時間の10〜15分前くらいにお店から、ホテルの部屋番号を尋ねる電話が掛かってきます。ホテル名は予約の時伝えますが、部屋番号は当日の空き室状況によるので、確認の電話の際に伝えるのです。

ホテルに入る前、フロントに一言「〇号室ですが、後から連れが来ます」と伝えておきましょう。ラブホテルはオートロックでフロントからしか鍵が開けられないので、エステ嬢がホテルに着いたらフロントで部屋番号を伝え、フロント係が部屋に電話をし許可をもらったら開けるという流れになっています。

ラブホテルの場合だけ少し複雑に感じますが、客がすることといえばフロント係に声を掛け、10分前までには入室しておくことだけです。

エステ・オナクラ料金の支払いタイミングは?

風俗エステとオナクラは、どちらもプレイ前に支払いをする「前払い」ですが、支払う相手が異なります。

女の子だけが客のもとに向かう風俗エステでは、部屋に入室して対面し、挨拶を済ませてからコース決めをして女の子に料金を渡します。オナクラは店舗なので、お店に着いたらまず受付でスタッフが対応してくれます。

ちなみにオナクラで事前に予約をしておいた場合、予約時にコースも決めているはずです。だけど急に長い時間遊びたくなった、オプションを追加したくなったということもあるでしょう。そのときはスタッフが部屋の女の子と相談してくれるので、急に変更できるかできないかは別として言ってみるのも手です。

スタッフへ支払いが終わった後、女の子の準備が出来ていると言われたらすぐ部屋に案内され、逆に準備ができるまでお待ちくださいと言われたら一旦待合室に通されます。エステの場合は、支払いが終わったらエステ嬢がお店に電話をします。電話がコース時間カウントダウンの合図になるのです。

風俗エステサイト決定版!エステドゥロア