手コキ風俗・エステで射精は何回できる?/手コキ風俗システムGuide

事前に手コキ風俗のシステムや遊び方を知っておけば安心!ここでは「手コキ風俗・エステで射精は何回できる?」をご紹介。

手コキ風俗・エステの料金システムGuide サイトマップ

手コキ風俗の女の子ってどんな娘?

手コキ風俗は、数ある風俗の中でも一二を争うルックスの女の子がたくさん!タイプの子にオナニーを見せたり、なんとアソコを握ってもらったり、最後には射精まで導いてもらえる・・・。

早速、手コキ風俗にどんな女の子がいるのか見に行って見ましょう♪

発射回数が分かりにくいのは一昔前のシステムのせい

手コキ風俗のみならず、風俗で男性からよく聞く質問がこの「発射回数」について。なぜ発射回数についてはっきりした情報がないのかというと、一昔前の風俗事情が関係しています。

まだ風俗の種類がこんなに多くなかった頃、発射回数はコースによって制限がありました。例えば60分以下なら1回、90分なら2回、120分なら3回など射精の回数もコースや料金と関係があったのです。

このシステムは結構納得しやすいというか、発射回数が多ければ多いほど満足度が高いわけですから、当然支払うべき料金も高くなるという理にかなった法則があります。おまけに60分ならば普通は1回出せれば妥当、2回目はギリギリ無理そうだという男の体にも合っています。

この、回数制限がきちんとした守るべきルールなのか、それとも60分で2回はしんどいというただの意見なのかがハッキリせず、今でも風俗での発射回数について分からない男性が多いようです。

手コキ風俗も無制限発射可能だが・・・

結論から言うと、今の時代はほとんどの風俗店が無制限発射可能です。今は発射の回数というよりも、女性との時間の長さに対して料金を支払っているという考え方のほうが強いので、もらった時間とルールの中で自分のやりたいことを徹底的にやるという遊び方ができます。

ただ、2人で責めて責められプレイができる風俗とは違い、風俗嬢から施術を受けるタイプの手コキ風俗は、無制限発射が可能と言えど実現するのは難しいかもしれません。なぜなら手コキ前のマッサージの時間がコースごとに決められていて、その時間内は基本的に手コキなど直接的なことをしてもらえないからです。

もちろん多少性感の時間を長めに取ってもらうことはできますが、全部をエッチなサービスにして!などという極端な変更はできません。例えば60分コースの場合、性感の時間は15〜20分程度。と考えると2回は難しいことが分かります。

ルール的には無制限発射が可能でも、このように風俗の種類によっては物理的に難しいこともあるのです。

無制限発射を楽しむためのコース選び

手コキ風俗はマッサージにフィニッシュサービスがついた風俗エステと、最初から手コキを始められるオナクラがあります。風俗エステはノーマルなもの、回春、M性感という種類がありますが、中でも回春やM性感など手コキ以外で興奮できる要素がある特殊なジャンルのほうが回数は稼ぎやすいです。

例えば回春では前立腺マッサージが受けられますが、ペニスとの同時責めで快感度が増します。準備や慣れるまでに時間が掛かる分を入れても、無制限発射を目指すなら90〜100分以上のコースが望ましいです。

そしてM性感ですが、これは70〜80分以上と多少回春より短めでも良さそうです。性感の前のマッサージの段階ですでにSMチックなプレイが始まりますから、1回目の射精は早いはず。2回目までのチャージも自分の好きないやらしい責めなら、簡単に溜まるのではないでしょうか。

そして、手コキというメインイベントが最初から始まるオナクラ。意外と次のチャージまでのオカズ探しが難しいんです。復活のためにできるのは女の子からの手コキとその他ボディへの軽い責めだけですから、短時間フルボッキは難しいものがあります。なので手コキは無制限とまでいかず2回イケたらOKとして、60分付近を選ぶと良いでしょう。

長すぎてもダレるだけなので、それなら別の機会に改めてヌキにくるほうが楽しいですよ。

風俗エステサイト決定版!エステドゥロア