体験談02/手コキ風俗システムGuide

皆様からお送り頂いた体験談を紹介!ここでは「風俗エステで美魔女に吸いつくされた」をご紹介。

手コキ風俗・エステの料金システムGuide サイトマップ

手コキ風俗の女の子ってどんな娘?

手コキ風俗は、数ある風俗の中でも一二を争うルックスの女の子がたくさん!タイプの子にオナニーを見せたり、なんとアソコを握ってもらったり、最後には射精まで導いてもらえる・・・。

早速、手コキ風俗にどんな女の子がいるのか見に行って見ましょう♪

風俗エステで美魔女に吸いつくされた

  • [H.N]クレオ
  • 30代

友達と日曜に競馬場へ。万馬券を当てた私は有頂天で、その日の昼から夜まで一緒にいた友人と豪遊。酒を飲み、女の子のいるお店でシャンパンを開け、一時の優越感に浸ります。夜になってもまだまだお金が余っている私は奢るから風俗に行こうと友人を誘い一緒にラブホテルへ。

結構酔っぱらっていたため、友人にお店選びと指名を任せます。「風俗エステだからフェラとかないけど、可愛い女の子がたくさんいる!しかも今回お前の指名にした子は俺が本当なら指名したいくらい可愛い感じがする」と自信たっぷり。

女の子が来るまでまだ結構時間があったため、友人が体験した人妻とのセックスを肴に水を飲みながら酔い覚まし。もうあと30分くらいで到着予定時間になったところで、友人が「そいや、先にシャワー浴びとけって言ってたから俺部屋に戻ってシャワー浴びてくるわ〜。お前も入っとけよ〜。臭いと嫌われるぞ~」と言い退出。

言われた通り、頭と身体を入念に洗い、歯磨きもし準備は万端。酔いも結構さめてきたところで、チャイムが鳴ります。はーいと言いながらドアを開けると、私よりは若そうだがアラサー年齢のようなお姉さんが立っています。

身体の半分以上が足なんじゃないかと思うほどのスラッとした長い脚と、ほどよい肉付きのスレンダーな太ももをあらわにしたミニワンピが私の欲情を掻き立てます。更に若くはなさそうな雰囲気だが、顔は普通に可愛い。某有名雑誌のモデルと雰囲気が似ており、彼女になってほしいくらいの美貌だ。

話しているとちょくちょくボディタッチをしながら誘うような上目遣いで、口調も少し舌ったらずで、雰囲気や纏うオーラは完全に小悪魔。私の反応を楽しむように、股間近くに手を置いてきたり、耳元で囁いたりしてくる。おかげ様でもうチンコはビンビン。せっかく綺麗にしたのに我慢汁も恐らく出ている。一応いいわけはしておく。「もしかしたら我慢汁出ちゃったかもw」と言うと嬉しそうに、じゃあスグにスッキリしないとね!と言ってきます。

ベットにバスタオルを敷き、アシスト脱衣で服を脱がせてもらうのだが、案の定パンツを脱がしてもらったとき透明の糸がチンポの先からパンツへとつながっている。そんなチンポを軽く手にとり我慢汁を亀頭に塗りグリングリンと愛撫。「あっ」と情けない声を聴いて、軽く微笑む彼女。もう辛抱たまらんです。

今にも押し倒してしまいそうだから、すぐに始めましょう!と言うと「少しくらいならいいのに〜w」と、本心がわからないような笑顔で答えてきます。「じゃあ、おっぱい触っちゃうかもよ?」「うん。いいよ!」「え、じゃあアソコも触っちゃうかもよ?」「え〜」と少し考えた後「いいよ!」と答える彼女に愛おしささえ感じてしまいます。

「まぁとりあえず横になろっか!」とうつ伏せにされると、私の背の上に乗りながら服を脱ぎ始める彼女。オイルを背中にたらし手を滑らせながらマッサージをされる。既にギンギンのチンポが下敷きになっているので痛いがここは我慢。少しだけバレない程度に腰を浮かせるが、彼女はすぐに気づいてチンポと玉を揉むようにマッサージ。

もうすぐにでも発射して楽になりたいと思い、勝手に仰向けに体勢を変えると彼女は優しく両手でチンポを包み込み、顔を先っぽにすごい近づけて唾を垂らします。もうアングル的にはフェラされている気分です。ヌチャ、ヌチャっと根元と先っぽを両手で包み込みながら何度も往復しているだけでしたが、ずっと我慢している私はすぐに発射。「すごい濃いね〜!」と言いながらも、彼女は全然手を休める気配がない。

イった直後こそ刺激が強すぎましたが、すぐにチンポも復活。片手でシゴいたり、逆手でしごいたり、色んな持ち方でチンポをシゴいてくれ、2発目もすぐに発射。だが彼女の手はまだ止まらない。さすがに感度が高すぎてヤバいからストップをかけようとしたが、アソコを顔面に押し付けてきて次はシックスナインの体勢で手コキ。

今まで使ってなかったローションを加え、指の間に挟んだりしながら、さっきまでとはまた違う気持ち良さが襲ってきます。彼女のマンコは何もしていないのに既にビチョビチョで舌を突き出し、クリちゃんをベロベロ。ついでに、お腹のあたりにあるオッパイも両手でがっしりと掴みます。

「ん〜気持ちい!」と言いながら擦る手は一層速くなります。そしてそのまま3度目の発射!まさかノンストップで3回も連続で抜かれるとは思っておらず、終わった後はけだるさでまだ時間じゃないのに寝てしまいました。ちょうど彼女が帰る時間に起こされ見送って終了です。

風俗エステサイト決定版!エステドゥロア