オナクラの見学コースと見学店ってなにが違うの?/手コキ風俗システムGuide

事前に手コキ風俗のシステムや遊び方を知っておけば安心!ここでは「オナクラの見学コースと見学店ってなにが違うの?」をご紹介。

手コキ風俗・エステの料金システムGuide サイトマップ

手コキ風俗の女の子ってどんな娘?

手コキ風俗は、数ある風俗の中でも一二を争うルックスの女の子がたくさん!タイプの子にオナニーを見せたり、なんとアソコを握ってもらったり、最後には射精まで導いてもらえる・・・。

早速、手コキ風俗にどんな女の子がいるのか見に行って見ましょう♪

見学店ってなに?

見学店とは、制服やスクール水着などを着た女の子をマジックミラー越しに見せるお店です。 防犯チェックが厳しく、スマホなどの私物はロッカーに預けなくてはいけません。 盗撮や盗聴の恐れがないか入店前に全身に金属探知機で検査するお店もあります。
チェックが終わると客は座椅子とティッシュとゴミ箱しかない半畳〜一畳程度の広さでの個室に通され、女の子たちを眺め決まったコース時間過ごします。 女の子たちがいる待機ルームと各個室はマジックミラーで仕切られています。

オナクラの見学コースの場合、客がオナニーしているところを女の子に見せつけますが、見学店は基本的に女の子から客を見ることはできません。 そういった嗜好を比べるとオナクラとは真逆な立ち位置にあるといえます。

見学店ではあいさつ回りというものがあり、個室に客が入ると、女の子が各個室のマジックミラーの前に立ち自己紹介をします。 その時に女の子の首から下げられたネックストラップに書かれた番号と名前をチェックします。
あいさつ回りが終わると女の子たちは待機ルームでおしゃべりしたりスマホをしたりしながらパンチラしてくれるので、その様子を眺めつつ気に入った子がいたら指名します。 すると指名した客の前で10分間女の子がちょっと過激なパフォーマンスをしてくれます。
指名は早いもの勝ちなのでお目当ての女の子が立て続けに指名されてしまうと時間内にその子を指名することができなくなってしまうので注意が必要です。
女の子からはもちろん他の客からも客がいる個室の様子は見れないようになっている為、客のプライバシーは保たれている訳です。 女の子のパフォーマンスを見ながら、狭い個室で一人、客がナニをするかは客の自由ということです。
ちなみに食べ物飲み物持込み可のお店もあります。

見学店は風俗なの?

結論から言えば、風俗店ではありません
そのため営業許可に風営届を出すのではなく、興行場許可を取得する必要があります。 興行場とは演劇や音楽などの見世物や鑑賞する施設を指し、興行場の営業について規定した法律でライブハウスやストリップ劇場もこれに含まれます。”見せる”ということが前提となっているので触ったり触られたりができないんですね。 その点オナクラは風営届を出しているので、オプションをつければ女の子に触ってもらうことができます。

見学店では元々は現役JKが働いていたようなのですがJKリフレなどの摘発が相次いだため、現在は基本的に18歳以上かつ高校生でない女の子が働いています。高校生が働いていたり興行場許可を取っていない店は違法店になるのでご注意ください。
エッチなパフォーマンスをするといった点では、小型のストリップといった方がイメージしやすいかもしれません。

料金はどちらが安い?

料金はオナクラの見学コースとほぼ変わりません。 オナクラは20分コース2000円〜に対し見学店では30分コース3000円〜で料金に違いはありませんがコース時間の設定が若干長いです。 オナクラの場合手コキやタッチなどのコースがありますが、見学店は風俗店ではないため、女の子を触ることも女の子に触られることも一切ありません
ただしパンツや靴下のプレゼントといったオプションはあります。その他にも「コスプレ」「魚肉ソーセージ」「練乳」といったパフォーマンス時に使用できるオプションを用意している店も多いです。
また個室の前の空間を区切れるようにカーテンを用意している店もあり、指名してオプションをつけると女の子が指名した客にだけ見えるようにカーテンでしきり、エッチなパフォーマンスをしてくれます。もちろんマジックミラー越しではありますが、他の客や他の女の子から見えなくなるので女の子を独占したような気分が味わえます

今回はオナクラの見学コースと見学店を比べてみましたが、まとめると「女の子に見られたい人はオナクラ」、「女の子を見たい人は見学店」が最適ということになると思います。 ただどちらの店も店ごとにオリジナルのサービスを用意しているので一概には言えません。

風俗エステサイト決定版!エステドゥロア